屋根裏王国物語 第5話 【サラリーマンを辞める覚悟】

個人事業主になる。

 

という事は、経営者になるということです。

 

ワンオペ店主になる。

 

という事は一国一城の主になるということです。

 

 

 

個人経営を始める人のほとんどは、どこかで下積みをしていたり、あるいは全く畑違いの業種からチャレンジするなんて言う人もいると思います。

 

いずれにせよ、人や会社に雇われて、決まった金額のお給料をもらって、それで生計を立てていた人が大半だと思います。

 

もちろん僕もそうでした。

 

 

会社という大きな船に乗って、船長(社長)が指示した方向に乗務員(社員)は船を漕いでいるわけです。

その船は一般的に大きければ大きいほど安全で、沈没しづらいです。

でも、そこにはルールや規律があり、基本的にはそれに従って皆で協力して目的地を目指します。

目的地に到着して、積み荷を市場で売りに出して、その儲けの中から乗務員には賃金が支払われます。

儲けが大きかろうが、思ったよりも少なかろうが、乗務員は一定の賃金が保証されているので、安心して働くことができます。

運悪く、旅の途中で怪我をしても船が蓄えているお金から治療費を負担してくれます。

船の働きやすさを良くしていく事によって、良い乗務員が長く働いてくれるので、船長も助かります。

船長はそうして船をどんどん大きくしていきます。

船長の方針で船は時に進路を変えながら、前に進んでいきます。

大きな船に守られながら、大変で辛いこともあるけど、やりがいも感じながら船を漕ぐ人。

それがサラリーマンです。

 

 

一方で、その大きな船から降りる人もいます。

降りる理由は、様々ですが、自分の小さな船で別の目的地に向かって漕ぎ出していく人がいます。

わざわざ、大きくて比較的安全な船から降りて、自前の小さくて不安定な船で漕ぎ出していく人はその先に何を見ているのでしょうか。

一人で漕ぎ出した小さな船はちょっとした波にも船体がぐらつくし、独りぼっちで孤独です。

けがや病気をしても自分でなんとかしないといけないし、食べ物も自分でどうにかするしかありません。

それでも、自分が目指している目的地に向かって懸命に漕ぎ出していくのです。

目的地に向かう方法は自由です。

何をするにも自分次第。

思いついたことは誰の許可を取ることもなくできます。誰にも管理されないので疲れたら好きな時に好きなだけ休めます。

それは、ある意味やりたい事を思いっきり出来るということなので、凄く充実していますし、ほかの船に乗っている人からみたらとても楽しそうに見えます。

でも、休んでいる間は当然船は前に進みませんし、それでもお腹は空きます。

なので、自分の事を自分がしっかりと管理していかなくてはいけません。

 

進む先に何が待っているかは行ってみないと分かりません。

宝の島にたどり着くかもしれないし、途中で力尽きて船が沈んでしまうかもしれません。

その時に、助けてくれる船長はいません。

なぜなら、その船長は自分だからです。

自分の責任において、自分だけの船で自分が目指したい場所を目指す。

それが脱サラです。

 

もしかしたら、失敗してしまうかもしれない。

宝の島にたどり着けるかどうかは約束なんてされていません。

それでも、自分の中にある地図を信じて、誰が何と言おうと必ずたどり着いて見せると啖呵を切れるか。

その先にある物をはっきりとイメージできていて、周りの人に語れるか。

 

そのイメージがなければまだ、大きな船を降りる時ではないのかもしれません。

その船を降りてまでして、やりたい事が何なのか。

考え出すとキリがありません。

 

色々悩みまくった結果、それでも船を降りると決心して周りを見ると、同じく小さな船で漕ぎ出している仲間が沢山いました。

先を行く仲間に道を聞くのは何も恥ずかしいことじゃないです。

バンバン周りに頼った方が良いと思います。

 

僕も色々な諸先輩方に色々なお話を聞かせて頂きました。

その結果、正解なんてものはないということが分かりました。

 

少なくとも、自分の人生を自分の選択で進んでいければ、その先にどんな未来が待ち受けていてもそれを受け入れられるはずです。

もちろんやるからには僕も含めて皆、成功を目指しています。

 

それは大前提です。

でも、不安をゼロにする事なんてできやしないんです。

 

だから、万が一の事態もちゃんと想定するんです。

最悪のパターンを想像して、沈みまくるんです。

そして、もしそうなったとしてもやりたいのか?ということを自分に問いかけます。

 

そのリスクに見合うだけの希望があるのか。

それは自分にしかわかりません。

 

その答えが出た時こそ、船を降りるかどうかを決断する時だと思います。

 

 

 

 

そして、僕は大きな船を降りました。

 

沢山の仲間に見送られながら。

 

 

 

 

 

次回 屋根裏王国物語 第6話 【約10ヶ月の準備期間-料理編-】 10月12日更新

コメント